STORY

INTRODUCTION

科学技術が発達した、機械仕掛けの理想郷「帝国」。 超常の力・星霊術を駆使し、“魔女の国”と恐れられる
「ネビュリス皇庁」。 二国は長きにわたる戦争を続けてきた――。 帝国の最高戦力イスカと皇庁の王女にして
“氷禍の魔女”アリスリーゼは、
激闘の中で互いの素顔に触れ、
その生き方と理想に惹かれ合う好敵手となった。 独立国家アルサミラで帝国と皇庁の謀略を打ち砕いた二人は、 再会を誓ってそれぞれの道へと進むが、
意外な形でその約束を果たす。 アリスの妹シスベルと取り引きを交わし、
護衛として皇庁に潜入するイスカ。 シスベルの捜索隊として皇庁の都市リースバーテンを
訪れるアリス。 偶然の再会は二人の心をさらに燃え上がらせるが…… 同時に皇庁内では帝国の内通者「純血種・被検体E」が暗躍し、 帝国の「特務・女王捕獲計画」が動き出そうとしていた。 否応なく引き裂かれようとするイスカとアリスは、 その運命に抗うことができるのか――。